子供の脱毛と永久脱毛について

アトピー性皮膚炎の方ですと、エステサロンでおこなわれる美容脱毛ですと施術を断られるケースもありますが、医療レーザーの場合は大丈夫です。アトピー性皮膚炎の活動期には、赤みをともなうこともありますので、その時期が過ぎた後に、レーザーを照射することが可能です。また、色素沈着の時期があるときは、状態が落ち着いてときに美白剤を内服しながらレーザー照射をすることもあります。

また、小さなお子さんや小学生などのキッズ脱毛も、レーザー脱毛で対応できます。ただ、幼少期やまだホルモンが安定していない十代のうちの脱毛は、永久脱毛にはなりません。体毛はホルモンバランスの影響を大きく受けるため、まだ思春期のホルモンバランスが整っていない時期に照射を繰り返して一時的に毛が減らすことはできますが、成長過程でホルモンの量が変化すると、また再び新しい毛が生えてくるケースが多くあります。

いまの小学生は、脇毛やすね毛などしっかり生えていますので、バレエや水泳を習っていてお手入れが必要になり、まだ自己処理をするには幼いため、両わきだけ脱毛されるお子さんも多いです。また、毛が濃いことで学校でいじめにあうことを危惧された親御さんが、脱毛をすすめるケースもあります。全身脱毛ではなく部分脱毛であれば、16歳以下のお子さんでも脱毛することはできます。

永久脱毛が可能になる年齢は、ホルモンバランスが安定する18歳以上が理想です。

ここ2、3年は、両わき脱毛をされる方が大変多く、かなり一般的になっています。痛みは、毛の質によって個人差がありますので、痛く感じる方もいますし、まったく大丈夫な方もいます。痛みは、毛が細くなっていくことで軽減されていきますので、回数を重ねていくと痛みも少なっていきます。

また、脇は日焼けの影響をあまり受けない場所なので、脱毛をはじめる時期はいつでも大丈夫です。ただ、ノースリーブを着る方は、部分的に日焼けされてる場合があって照射できない場合もありますので、脱毛をされる方は注意してください。