敏感肌の脱毛について

敏感肌やアトピー肌の方には、肌への負担が大きい、カミソリや毛抜きでの自己処理ではなく、医療機関で最近使用されている脱毛機種「メディオスター」による永久脱毛が最適です。ムダ毛の自己処理では、炎症や色素沈着の原因になりますし、肌のバリア機能をさらに悪化させてしまうからです。

医療機関のみで使用できるメディオスターは、毛根へ栄養を供給するバルジ領域をレーザーを照射して破壊する脱毛法で、永久脱毛することが可能です。

メディオスターのメリットは、深いところにある毛根ではなく、浅い部分のバルジ領域へレーザーを照射するので、医療機関で使用されてきた従来のレーザー脱毛器「アレキサンドライト」よりも、弱い出力で十分脱毛効果があるため、肌への負担が少ないことです。

また、連続照射できるので施術時間が短縮されて、痛みもほとんどありません。

デメリットは、最新機種のため料金が高く設定されていることです。

男性のヒゲ脱毛の場合、従来のアレキサンドライトでは、痛みに耐えられない方がほとんどですが、メディオスターは痛みをほとんど感じないので、とても通いやすいと評判です。ただ、アレキサンドライトよりも効果が弱いため、ヒゲ脱毛の場合、10回以上の施術が必要になります。

医療脱毛では、医師が肌の診断を必ずおこないますので、しっかり相談できる安心感があります。また、無料カウンセリングで、テスト照射を実施してるクリニックが良いでしょう。

敏感肌やアトピー肌は、症状によって一時的に施術ができない場合もあるので、契約するときに有効期間を確認して、出来るだけ長い期間通えるクリニックを選ぶと安心です。